睡紫庵文庫

身辺雑記をまじえた読書雑記です。

尾瀬ヶ原~雨ニモマケズ~

梅雨が明けたら山歩きを再開しようと思っていた。

しかし、待てど暮らせど、毎日空はどんよりと厚い雲が覆っている。天気予報によると、梅雨明けは7月いっぱいは無理そうらしい。

もう、こうなったら仕方あるまい。

雨だろうが、もういい。

待ちきれないので、とりあえず、行く。

行き先は尾瀬だ。尾瀬は平らだから雨でも大丈夫だ。多分。

時期的に尾瀬のアイドル、ニッコウキスゲが咲いている。この時期を逃すわけにはいかないのだ。

 

昨年は大江湿原のニッコウキスゲが見たくて、福島側の沼山峠から尾瀬沼方面へ行ったが、今年はG県側の鳩待峠からのスタンダードコースで行く。

東電小屋の手前あたりにニッコウキスゲが咲いているらしいので、それが楽しみだ。

それにしても、何度かニッコウキスゲの時期に尾瀬に行っているが、いつも雨に降られている。7月下旬はやはり例年梅雨が明けていないものなのかもしれない。

今回も「どうせカッパ着るから防寒のジャケットとか持ってこなかったよ」「私もジャケットない。でもゲイターはしっかり持ってきたよー」と同行のノムさんと語り合う。もう、雨は覚悟の上だ。

 

戸倉の駐車場でバスに乗り、なんだかんだで鳩待峠発は9:00頃。

人はまばらである。外出控えに加えてこの天候では当然か。多分、山小屋予約しちゃったしね、という人がほとんどなのだろう。私たちは、雨ニモマケズ日帰りで来ちゃったのだが…。

駐車場でバスを待つ間に、上下カッパ+ザックカバーを装着する。(ノムさんはゲイターも装着)

私は割と面倒がって、下のカッパ(ズボン)をはかないことが多いが、今回はもう完全装備である。だって、今日は完全に雨だから。

覚悟を決めれば、私もやるのである。

 

鳩待峠から山ノ鼻ビジターセンターまでは森の中である。それなので、木が天然の傘になって雨をあまり感じることなく、快適に進むことができる。

「木はありがたいねえ」

「雨だと緑が濃くていいねえ」

久しぶりの山歩きに、私とノムさん機嫌は上々だ。

途中、「うぉぅ!巨大ナメちゃん遭遇!!」とノムさんが叫ぶ。

ノムさんの行く木道の上に、枯れた笹の葉のような薄茶色の細長いモノが横たわっている。

なんと、よく見ると巨大なナメちゃん(ナメクジさん)である。

その大きさ、およそ15cmくらい。普段、植木鉢の底とかにひっついているナメちゃんの数倍はある巨大さである。

「ここまで大きいと全然気持ち悪くないねー

「擬態がうますぎて、誰かに踏まれちゃうよ。早く非難して」

「がんばれナメちゃん、もう少しで木道の端だぞ」

ノムさんと2人で応援するが、ナメちゃんはマイペースでゆっくり進むだけ。

「Good Luck!ナメちゃん。今日は人は少ない。幸運を祈るぜ」

超スローペースのナメちゃんにつきあいきれず、その場を後にした。

山歩き、楽しい。とても楽しい。

f:id:suishian:20200726201917j:plain

巨大ナメちゃん。お嫌いな方はスルーしてください。

10:00 山ノ鼻ビジターセンター到着。

雨は小降りになっていた。まったく降っていないわけではないが「この程度なら、降っていないと私は判断するね」と堂堂と言い切れる程度の小雨だ。
ここから、尾瀬ヶ原を歩き出すと、前方に燧ヶ岳、後方に至仏山がそびえ立つ、最高のロケーションになる。

雨なので、そのあたりの景色は全く期待していなかったのだが、ほとんどやんでいる状態の小雨なので、山がそこそこ姿を見せている。

そして、周りには小さな花があちこちで咲き、湿原を黄色に染めている。

キンコウカさん、かわいい!

「アヤメ平じゃなくても、けっこう咲いているんだ!」

やっぱり尾瀬はキレイだ。

もやで薄ぼんやりとした湿原が、キンコウカの黄色でキラキラしている。

f:id:suishian:20200726205659j:plain

木道のまわりはキンコウカ

f:id:suishian:20200726205802j:plain

キンコウカさん。かわいい。

この時期にはビッグに生長しまくった水芭蕉や、下界より遙かに巨大な紫のアザミなどが木道のすぐ脇に顔を出している。

さっきのナメちゃんといい、尾瀬すべてが通常よりビッグな世界なのかもしれない。やはり下界とは違う、異境感がある。

尾瀬を舞台にした映画とかみたいねえ」

「登山映画がいっぱいあるんだから、尾瀬があってもいいよね。恋愛モノだね」

都会から逃げてきた歩荷さんが主人公とか?」

「若手のイケメン俳優よね。岡田将●とかどうかな」

「イイね!彼は影があるね!

尾瀬は平らなので、どんどん歩きながらアホ話がとても弾む。

ちなみに、この日はガラスの仮面」の一番好きな舞台についても語り合った。(私とノムさん2人の意見としては、「吸血鬼カーミラが高評価。乙部のりえについても語り合った)

 

10:50 牛首分岐

ここからメイン(?)の道を分かれて、ヨッピ吊橋、東電小屋方面に向かう。

この日は、そもそも人は少なめだったが、ここからのルートはさらに人が少なくなる

尾瀬の木道は行きと帰りの人用に2本併設されていて、通常は1本を前後に並んで歩くのだが、今日は人がほとんどいないので、ノムさんと並んで、アホ話をしながら歩ける。

ニッコウキスゲ、ほとんど咲いていないね」

「本当にレアキスゲだね。たまに、1本とか咲いているだけ」

などと話しながら歩いて行くと、突然、ニッコウキスゲの乱舞が目に飛び込んで来た。

「これはすごい!一面キスゲちゃん!

ニッコウキスゲで周りが黄色の波である。

「ここだったか、キスゲちゃんの群生地!」

「極楽のようだねえ」

G県民に染みついている「上毛かるた」の「せ」は「仙境尾瀬沼 花の原」だ。

仙人がいる。ここは霞を食べる仙人の住む場所だ。

f:id:suishian:20200726224349j:plain

ニッコウキスゲちゃん。尾瀬のアイドル。

写真を撮りまくっていると、このあたりだけ、柵(電柵?)で囲まれていることに気づく。わかりやすく、柵の向こうはニッコウキスゲがほとんど咲いていない。

尾瀬の関係者の皆さんは口を揃えて「日光から来る鹿がニッコウキスゲを食べちゃうから、ものすごく減ってしまった。鹿害をどうするかが、大問題だ」と言っていたが、なるほど、確かに鹿が入れないようにした場所はニッコウキスゲが咲き乱れるようだ。

 

ニッコウキスゲに惑わされながら木道をどんどん進むと、柵で囲われたゾーンは終了し、ぱたっとニッコウキスゲは姿を消す。
うーん、鹿さんたち。容赦なく食べ過ぎだ。

 

12:00 ヨッピ吊橋を過ぎ、東電小屋に到着。

当初の予定では、ここでお昼ごはんにしようと思っていた。

しかし、この時点で小雨だった雨がかなりの本降りに。この雨の中、屋根のない場所でご飯を食べるのは辛い。

東電小屋でご飯が食べられないだろうか、と濡れ鼠の状態で、そっと中をのぞき込んだが(怪しい…)、中では食事ができる様子ではなかった。(宿泊のみのよう)

屋根の下に入りたいよう」と指をくわえて、暖かそうな小屋内に入れる隙が無いかと目をこらすが、そこには日帰り客の場所はない。

ノムさんここはあきらめよう。食事ができる小屋があると思われる見晴まで行こうじゃないか」

「そうしよう。暖かいモノが食べたいよう」

おやつのチョコレートを食べて空腹を紛らわせ、そそくさと東電小屋を後にする。

お腹空いた…。

 

12:45 見晴着。

さすが見晴。小屋が沢山あり、食事が出来る小屋もちらほら見える。

しかも、この時点で雨はかなり小降りに。

このくらいの雨なら外でご飯でもいいかな、と思っていたところ、弥四郎小屋の軒下に椅子があったので、そこを利用させてもらいお昼ご飯にする。

今回の私のお昼ご飯はホットケーキであった。

袋をもみもみして種を作って焼くだけ、という例の画期的商品だ。一度やってみたかった。

しかしながら、私は重大なミスを犯した。

肝心要の「油」を忘れたのだ。

結論から言おう。大失敗した。

油をしかないで焼くと、当然のことだが、張り付いてはがれない。そして、どんどん焦げていく。

ひっくり返せないまま、片面だけ焦げ付く…。

味は悪くなかったけど。(負け惜しみ)

次回、油を持参して、再度挑戦することを誓う。給食で良く出たマーガリンの個パックとかがあるとベストだろう。

ちょっと悲しい。

 

お昼をゆっくり食べて、14:00に見晴発。

相変わらず人は少ない。ちらほらやってくる人たちはみんな山小屋泊(またはテント)なのだろう。

「本当に毎回思うけど、どうしていつも周りに人がいなくなっちゃうのかな?

2時くらいには山を下りてないといけない、と言われているらしいけどねえ」

「最終バスの時間はおさえてるから大丈夫だよ。間に合わなかったことないもんね」

妙な自信が私たちにはある。

雨はほとんど上がり、木道をちょろちょろ歩くセキレイ(?)一家をのほほんと追いかけながら、鳩待峠を目指す。

f:id:suishian:20200726233245j:plain

ヒツジグサの白い花。夕方近くなると咲くみたい。

 

14:40 竜宮(小屋は開いていない)

15:15 牛首

ここでようやく「あとどのくらいかかるか時間をみておく?」と地図を広げる。

そして、ようやく自分たちが置かれた状況に気づくことになる。

ノムさん…。ここから山ノ鼻までが40分。山ノ鼻から鳩待までが一時間半らしい」

「バスの最終は17:20だ。あれ?間に合わないのでは…?

「鳩待へのラストスパートは登りだ…。ちょっと危険かもしれない…」

また最後の人になっちゃったかもしれない。それも、バスに間に合わない人に。

でも、何故か「大丈夫、間に合うよ。いつも間に合うもん」とこの期に及んで強気の私たち。

 

16:00 山ノ鼻

いつもなら、ここで休憩を入れるところだが、さすがに危機感があるので、そのまま通過し、鳩待を目指す。

少々ペースを上げているのと、雨が止んで気温が上がってきたせいなのか、だんだん暑くなってくる。

しかも、随所に階段などが登場し、登りのキツさから、額から汗が次々と流れる。

「キツいけど、脂肪が燃焼している気がする

「今日、痩せたかな」

痩せたに決まってるじゃないか

ポジティブだ。ポジティブに考えると、なにもかもが楽しい。

f:id:suishian:20200726234424j:plain

ラストの階段登り。

鳩待峠への道は、あちこちに「鳩待峠 ●●●m」との標識があり(10m単位で刻んでくる)ある程度、時間が読める。

残り1kmくらいになった段階で「これは行ける。余裕や」とわかり、それまで無言で黙々と歩いていた私たちも再びおしゃべりを始める。

「やっぱり、間に合うじゃないか。やれば出来る子だ!

「間に合わない人が出ないように、地図のコースタイムはサバよんでるね、多分」

最後の石段登りを「他の山に比べれば、こんなのナンボのもんじゃい!」と気合いで登り切り鳩待峠着。16:45であった。

30分近く余裕を持って到着できた。

「やったー。なんだかんだで余裕があるじゃないの」

花豆ソフトクリームを食べる余裕まであった。花豆ソフト、美味。

 

久しぶりの山歩きで、とにかく楽しい1日だった。朝から晩まで満喫出来て最高。

尾瀬なので、雨でも無問題。結局1日降ったり止んだりだったが、人が少なくて、かえって良かったかも。

これから徐々に登山に行こうと思っているが、テント泊とかもいいよなー、などと新たな野望をノムさんと語りあっている。

尾瀬でテン泊もいい。

今年中に尾瀬にはもう一度くらいは行きたい。何度行っても楽しい場所だ、尾瀬は。

f:id:suishian:20200727000208j:plain

感染症対策に携帯。カラビナ付きで便利。

<コースタイム>

8:30戸倉第一駐車場…9:00鳩待峠…10:00山ノ鼻ビジターセンター…10:50牛首…12:00東電小屋…12:45見晴(食事1'15)…14:00見晴発…14:40竜宮…15:15牛首…16:00山ノ鼻ビジターセンター16:45鳩待峠

旅館のビニール巾着~山の持ち物 その1~

そろそろ山に行きたい、とは思っているが、季節は梅雨ど真ん中である。

去年は立山で雨風にさらされていたな、なんて懐かしく思い出すが、今年は梅雨明けまでもう少し様子見をしている。

とりあえず、今は山の持ち物でも見直してみようと思い立ち、うきうきと雑誌を見たりしていたところ、ふと、ものすごく欲しいと思っていたものがあったことを思い出した。

温泉旅館のビニール巾着である。

f:id:suishian:20200704175254j:plain

旅館で貰ったビニール巾着。

私は山に行くとき、荷物の小分け袋として、このビニール巾着を愛用しているのだ。

私にとってのスタッフサックだ。

柔らかくて丈夫。ビニールなので、もちろん水気にも強い。しかも、ビニール特有のがさがさ音は少なく、Tシャツとかを入れて、ぎゅーっと押しつければそのまま抵抗なく小さく収まる。

色も豊富なので、白は着替え、赤は防寒用の上着、黄色は行動食、などと見た目で中身がわかるようにできたりもする。

スバラシイ。見た目とかさえ気にしなければ、パーフェクトと言ってもいいのではないか?正にパッキングのためにあるような袋である。

私は普段、パッキングは得意だ、とうそぶいているが、それはこのビニール巾着があるからこそなのだ。

 

しかしである。

ここ最近、温泉旅館でこのビニール巾着を見かけなくなってしまったのだ。

一時期はどこの温泉旅館に泊っても、浴衣の横にそっと奥ゆかしく、このビニール巾着とタオルと歯ブラシはセットで添えられていた。

温泉のお供として、主にタオルを収納するために添えられたビニール巾着は、長いこと日本の温泉旅館の定番であった。私は、どうして、どこでも同じ袋なんだろう、とまで思っていた。

それなのに、ここ最近は主に手提げ式の袋に主役を取って変わられてしまったのだ。

温泉旅館に行くたびに、今回はどうだろう、と期待して乱れ箱(浴衣を入れておく箱)を見るが、去年くらいから全くビニール巾着には出会えていない。

無くしてわかる、そのありがたみ。

確かに、お風呂に行くときにタオル他を入れて歩くには、手提げタイプの方が便利だ…。逆になんで、長いことその事実に気づかすに、巾着タイプを提供し続けた来たのだ、日本の温泉旅館よ。

温泉旅館の客としてはわかる、もしくはありがたい改革なのだが、私にとっては改悪以外の何者でもない。

愛用のビニール巾着の入手経路を絶たれるという、緊急事態。

今はまだいい。過去にためたビニール巾着があるので、それが使える。

しかし、写真を見てもわかるように、何回も使い込んでいるので、結構くたびれてきているのだ。そのうち、穴があいたり、端っこが破れてきたりするものも出てくるだろう。

そうしたら、頑張って欲しい気持ちはあるが、現役を退いて貰うしかない。それなのに、その穴を埋める若手が全くいないのだ。

 

これはゆゆしき事態である。

どうにかして、ビニール巾着の若手を入手しなければならない。

多分、パッケージプラザとかの店には売っている。

ついでに、先日メルカリで検索してみたところ、結構売られている。(意外と買う人はいるらしい)

その気になれば、簡単に入手は可能である。

でも、どうしても、以前は無料で入手していたのにー、という気持ちが邪魔をして、購入する気持ちになれないのだ。現に今は足りているし。

さらに、どうせお金出すなら、ちゃんとしたスタッフサック買えばいいんじゃないの?という声も、頭のどこかから聞こえてくる。

ううむ。気づいた時に行動(購入)した方がいいような気もするし、これを期に、新しい道(立派なスタッフサック)を歩き出した方がいいような気もするし…。

迷う。とても迷っている。

とりあえず、まだビニール巾着を提供してくれている温泉旅館はきっとあると信じて、旅館で探し続けたいと思う。

 

ちなみに、友人に何度かこのビニール巾着のハイスペックさを力説してみたが、共感してくれる人はいなかった…。

見た目がイマイチなところが良くないのだろうか?スーパーの袋的なチープさが良くないのだろうか…?

お洒落でない。これは間違いない。でも、ものすごく出来るヤツなのだ。

 

最後に、こんな私だが、下山後のお風呂セットは購入したスタッフサックを使っている。(コールマン製品)

見た目以上にぎゅっと沢山のものが入って、丈夫で便利だ。さすがに高性能である。

f:id:suishian:20200704194652j:plain

お風呂セット。このほかビニール巾着に入れた着替えを入れる。

このスタッフサックの中に、着替えを入れたビニール巾着をさらに入れる。これが私の定番だ。

ここでも、ビニール巾着は無くてはならない存在だ。

私、ビニール巾着に頼り切ってる…。

やっぱり、買い足しておくべきなのかも。

 

ついでに 一応付け加えるが、温泉旅館のビニール巾着以外に、無印良品のたためる巾着袋も実は愛用している。

 

 

オマケ

温泉セットに入れている手ぬぐい。

ぐんまちゃんは素直だから、G県民の胸に秘めた思いをストレートに声に出せるのだ。

G県の中村染物工場の商品。見つけた瞬間、即買い。

f:id:suishian:20200704200307j:plain

愛用品。G県民の声を代弁している。

 

「かわいい京都御朱印ブック」西村由美子

私は数年前から御朱印収集も趣味にしている。

集め始めたきっかけを話し出すと長くなるのだが、簡単に言うと、NHK大河ドラマ平清盛」にはまったからだ。

何かというと低視聴率大河ドラマとしてあげられる作品だが、私は大好きだった!なんで人気がでなかったのか、未だにわからない。

美しすぎる待賢門院璋子(壇れい)と西行藤木直人)のなんとも言えないすれ違いとか、悪左府と呼ばれた藤原頼長山本耕史)やら、「平家にあらずんは人にあらず」の平時忠森田剛)やらの怪演とか、平重盛窪田正孝)の白い直衣が半端なく似合う様子とか、今でも語り出したら止まらないくらいだ。

北条政子(杏)も建春門院滋子(鳴海凛子)も崇徳上皇井浦新)も良かった!源頼朝岡田将生)も他にも…!!言い足りないので、ここらでやめておくが)

 

平清盛と言えば、六波羅である。

当時、あふれる思いを抑えきれず、京都の六波羅蜜寺平清盛像がある。ついでに空也上人像もある)に出かけたところ、けっこうな人数が御朱印を貰うために並んでいる列を見かけ「ここで御朱印を貰わないなんて、大河ドラマファンの名が廃る!」と、勢いに任せて自然と列に並んでしまったのだ。

f:id:suishian:20200607213509j:plain

六波羅蜜寺。私の最初の御朱印

六波羅蜜寺ではものすごい熱量御朱印を貰ったが、平清盛への愛に対する熱量であったため、その後、御朱印収集はたまに貰う程度で、落ち着いていた。

しかし、数年度の平成27年

友人マーサ(御朱印集めの先輩)に「御朱印帳もかわいいのがたくさんあるよね」と言われて、「確かに…」と深く頷いた。

「でも、マーサ。私、ちょこちょこ御朱印貰ってるけど、全然1冊が埋まる感じがしないよ。次の御朱印帳のことは考えられない状態だよ」

「そう。私もそう。だから、ここらで一発、本場に乗り込むのはどうかね

私の言葉に、マーサは深く頷き、重々しく告げた。

京都で御朱印を貰いまくるのはどうかな

「京都…!!大本場!!

かつて何かの本で「京都には全部で寺社がいくつあるのか正確な数字はわからない」と書いてあった記憶がある。(本当かな?)そのくらい、寺と神社にあふれる街、京都。

しかも、意外と街が小さくコンパクトにおさまっているので、移動時間が少なく、あちこち何カ所も回れるのだ。ビバ、観光都市!

 

話はすぐにまとまり、行きの新幹線の中で互いに行きたい寺社のセレクトを発表する。

すると、二人のカバンの中から同じ本が出てきた。

それが「かわいい京都御朱印ブック」である。

友達だから、好み似てるもんね…。想定しておくべき事態だった、と後悔したが後の祭り。

二人で同じガイドブックを買うという非効率極まりない状態になったが、事前に同じ本を見ているので、ルート設定はサクサク進んだ。

「この八咫烏シリーズは行っときたいね」

私もそう思ってたー

「この字カッコいいね」

私もそう思ってたー

「京都御朱印ブック」には私たちの好みにドンピシャな御朱印が沢山掲載されていて、私とマーサの欲望を駆り立てる。

御朱印って、本来は納経して仏との結縁の印に頂くものらしい…。

現在、私とマーサには煩悩を呼び覚ますものになっているような気がする。いいのか、それで。いいのだ、それで。

 

2泊3日の行程で、京都の有名どころの社寺はほとんど行かず、「京都御朱印ブック」に掲載されている割とマイナーな寺社ばかりを巡りまくる。目的はそれのみなのだ。

結果、いただいた御朱印の数、22個。頑張った。

おかげで、初めて六波羅蜜寺で購入した御朱印帳がすべて埋まった。

さすが大本場、京都。狭い街にぎちぎちに寺社が詰まっている。

嬉しすぎる…。こんなバラエティに富んだ御朱印を集められたのも「京都御朱印ブック」のおかげだよ」

「やっぱり、先達はあらまほしきものだねえ。ありがたや」

二人で「京都御朱印ブック」に感謝する。

ちなみに、マーサは御朱印をいただくマナーとして、おつりの無いように大量の百円玉を持参していたが、すでにそれは1日目で使い果たしていた。

ついでに、お賽銭も「御朱印で納付するから…ね」と途中から相場がガタンと落ちていた。(私は最初からお賽銭の最低相場(?)である)

 

この時頂いた「京都御朱印ブック」掲載の御朱印をいくつか載せてみる。

動物シリーズ

女子なので、動物のハンコが押されると「かわいー」と嬉しくなる。とりあえず、何でも感動は「かわいー」で表現するのだ。

 

熊野神社(京都熊野神社、熊野若王子神社、新熊野神社

f:id:suishian:20200607225328j:plain

右:京都熊野神社 左:熊野若王子神社

f:id:suishian:20200607225507j:plain

熊野神社

熊野神社と言えば、八咫烏サッカーファンにはおなじみの足が3本のカラスだ。

本宮は和歌山であるが、京都には分社(?)が3つもあり、いずれも八咫烏印を採用している。

これは二人で「絶対に3つ揃えよう」と、完全に意見が一致したものだ。

熊野神社能面の印もあり、こちらも良い感じ。

 

●八坂庚申堂(金剛寺

f:id:suishian:20200607230353j:plain

八坂庚申堂

ちょっとわかりづらいが、「見ざる 言わざる 聞かざる」の三猿の印である。

毛玉っぽくて、ジ●リ映画に出てきそうな感じがかわいい。

余談だが、私は庚申講が好きである。

その人が眠っている間に、三尸の虫が悪行を閻魔大王に言いつけに行く日だから、一晩中寝ずに飲み食いす、という「えっ、そんな屁理屈…。単に一晩中飲み明かしたいだけなんじゃ…」と思ってしまうところが、大変好ましいと思っている。

 

庚申講つながりで、閻魔大王御朱印もいただいた。

●千本ゑんま堂

f:id:suishian:20200607231942j:plain

千本ゑんま堂

閻魔大王様というのはとても珍しいと、コレクター魂を揺さぶられ、絶対に行こう、とこちらも二人の意見が完全に一致した。

ちなみに、こちらのご本尊は大王様の像で、ろうそくに照らされる厳ついお顔の前に、欲にまみれた我が身をさらすと、完全にびびってしまい「すみません。すみません」とおもわず謝ってしまった。

やっぱり三尸の虫の報告を阻むために、庚申の日は徹夜した方がいいのだろうか。真剣に悩む。

余談だが、閻魔大王といえば、京都では六道珍皇寺も有名である。

小野篁夜な夜な冥界に下りたという井戸がこのお寺にある。

期間限定(?)で紺地に金文字の「閻魔大王」の御朱印も頂けるのだが、この時は「小野篁」の御朱印を頂いてしまった。今から思えば「閻魔大王」を頂いておくのだった…。

 

つづいて植物シリーズ

北野天満宮 平野神社

f:id:suishian:20200607232931j:plain

右:平野神社 左:北野天満宮

平野神社は京都では桜の神社で有名である。でも、桜しかないので、観光客にはあまり知られていないと思う。

実は、北野天満宮は「京都御朱印ブック」に掲載されていなかった。

行った時期が梅の時期だったので、ルートの途中にあったこともあり「御朱印目的じゃないところも行ってみようよ」と、たまたま寄ってみたのだ。

すると、はからずも梅の御朱印

北野神社の桜と北野天満宮の梅が並び、私はひとりで大喜び。(マーサはそれほど喜んでいなかった)

この見開き、華やかでいいな~。

北野天満宮飛梅伝説が、私は結構好きである。ついでに梅酒も好きである。

 

上賀茂神社 下鴨神社

f:id:suishian:20200607234649j:plain

上賀茂神社

f:id:suishian:20200607234726j:plain

下鴨神社

山城国一之宮。

上賀茂神社下鴨神社葵祭りでも知られるとおり、葵の印だ。

下鴨神社は緑で押してくれるので、鮮やかでキレイ。

ちなみに、前にブログのどこかにも書いたと思うが、私は源氏物語の中で「葵の上」が最も好きである。ついでに徳川家もキライでは無い。

「やっぱり、上賀茂神社。ちょっと遠いけど、ここは外すわけにはいかない」と、またしても私とマーサの意見は完全に一致した。某国の首相と大統領のように。(byサンドウィッチマン伊達ちゃん←わかりづらいネタですみません。どうしても書きたくなってしまった)

この時、上賀茂神社で購入した「雷除け御守」は私の登山のお供になっている。天下の上賀茂神社の御守だ。今のところ、雷に遭遇したことはないので、きっとこの御守のおかげであろう。

上賀茂神社の正式名称は「賀茂別雷神社」という、ということを、この時初めて知った。

 

この旅のあと、私とマーサの御朱印熱は一気に上昇し、あちこち巡り歩くことになる。

京都御朱印巡りがとても楽しかったのだ。

そして、現在、「御朱印帳が埋まらない」などと言っていたことを遠い目で思い出すくらいに、かなりの冊数を重ねている。

しかし、冊数だけならば、あちこち巡ったような気がしているが、行ってみたい寺社は尽きない。

 

京都も、この時に22カ所も巡ったが、断腸の思いで断念した寺社が沢山あるのだ。いくらコンパクト京都と行っても、限界はある。

最後に、今後、「京都御朱印ブック」に掲載されていて、是非行きたいと思っている寺社を2つあげたい。

 

その1 廬山寺

廬山寺創建の元三大師は鬼に化けて疫病神を追い払ったとされる伝説があり、鬼の朱印(角大師)を押して頂けるらしいのだ。

私は厄除けのお札に書かれている角大師の図柄がとても好きなので、是非とも頂きに行きたいと思っている。

 

その2 晴明神社

ここには実は、何度か行っている。

が、その際に「納経印」と書かれていたので「私、お経書いてきてないよ」と、そのまま帰った苦い思い出がある。

あの頃は、御朱印を集め始めたばかりだったので、何故かびくびくしていたのだ。

五芒星の清明桔梗の御朱印は、やはり憧れがある。

ちなみに、桔梗が咲く時期限定の「桔梗守り」もステキだ。

 

 

秋頃には、是非ともまた行きたいと思っているのだが、どうだろう…??

その際には、鞍馬山の木の根道を通って貴船神社まで歩く、義経ごっこをする予定である。ちなみに、大河ドラマ平清盛」では、義経神木隆之介だった!

 

f:id:suishian:20200608003022j:plain

オマケ。六波羅蜜寺にももう一回行ってます。

 

 

かわいい京都御朱印ブック

かわいい京都御朱印ブック

  • 作者:西村 由美子
  • 発売日: 2014/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

「凍」沢木耕太郎

日本には、山岳小説というジャンルがある。

唯川恵「純子のてっぺん」の解説を読んでいて、そういえばそうだったな、と気がついた。

私は長々と読書を趣味にしていて、さらに数年前から山にも時々登りに行っているが、山岳小説は一切読んでいない。

山岳小説の代表とされている新田次郎作品すらも全く読んでいない。

それは、本当に山登りを始めるまで、登山に興味がなかった(というより、むしろ嫌いだった)からなのだが、一作だけ読んだことがある。

それは、沢木耕太郎「凍」だ。

 

「凍」は山野井康史と山野井妙子(夫妻)によるヒマラヤのギャチュンカン北壁ルートでの登攀の様子を描いたノンフィクションだ。

私はもともとは、ノンフィクションはあまり読まない。どちらかというと、フィクションの方が好きである。

全く興味がないジャンル(山岳小説)に加えて、ノンフィクション、というダブルパンチにも関わらず、この本を読むことにしたのは、ひとえに作者が沢木耕太郎だったから、という理由だけであるが、沢木耕太郎の筆力は折り紙付きなので面白く読める確信があった。

果たして、読んでみれば、異様なまでの迫力に圧倒されてぐいぐい読み進め、読後は「すごい世界があるもんだ」と妙な敗北感を感じたのだった。

そのおかげで、これ以後数年間、山岳小説にまったく手を出すことはなかった。

沢木耕太郎の描く登山の世界があまりにも過酷だったので、恐ろしくなった私はうっかり敬遠してしまったのだ。

山登りを始めた最近は、ようやく少し読んでいるが、もっと早く読んでおけばよかった、と後悔することしきりである。

沢木耕太郎が筆力がありすぎるのが悪い…と思わなくもないが、選ぶのは自分である。恨むなら自分の小心さを恨むべきであろう。

 

 

「凍」で描かれるヒマラヤ登山の世界は、私がいつも楽しく登っている山登りの世界とは全くの別物だ。

そもそもギャチュンカンの標高は7952m

富士山よりさらに3200mも高い。富士山二つ分くらいの高さである。(それでも8000mに届かないため、登る人は少ないとか)

日本一が二つ!!もう、日本人の私には想像すらできないような高さだ。

そんな高所にもかかわらず、山野井夫妻は酸素を使わずシェルパもつけない。(アルパインスタイル)

富士山ですら、酸素は持って行った方がいいと言われているのに、その2つ分の山で酸素無し。それも、日帰りですむような距離ではなく、アタックに4泊5日かかる計画なのだ。

せめて富士山用の酸素くらい持って行った方がいいんじゃ…などと、読みながら余計な心配をしてしまう。そんなものあっても、焼け石に水なのだろうが。

さらに、その頂上にいたるアタックルートは2000m近い壁登りのクライミングだ。壁の途中でビバークしつつ頂上を目指す。

2000m壁を登るってどういうことなのだろうか…。私の大好きな谷川岳は1977mだが、ほぼ谷川岳分をずっと登るということか。

なんかもう、スケールが大きすぎてよくわからない。よくわからないが、壁というからには、登っている間中、ちょっと足を滑らせたりすると、一気に滑落する危険な場所であるということはわかる。

 

そんな登攀の下降時は、危険で過酷な状況が次から次へと降りかかってくる。

下降中にテントを張る場所も確保できず、わずか10cm程度の岩棚に腰掛けてのビバーク

雪崩に巻き込まれ、ロープを2本渡したブランコに腰を下ろした状態でのビバーク

空気の薄い高所に長くいたことにより、目が見えなくなった状況での下降。

極限状態での救助隊の幻影。

 

登山って恐ろしい。

山は危険だ。登山は命を落とすこともある場所だ。山をなめてはいけない。

そう言われているのは最もである。

読みながら、緊張のあまり奥歯をかみしめる。怖い。とにかく怖い。

ページをめくる手は止らないが、ずっと「マジ!?これはヤバいよ!」と貧相な語彙力の警報が頭を駆け巡っている。

 

しかし、そんな恐ろしい状況の下降の状況よりも、激しい衝撃を受けたのは、凍傷により指を切断することになったにもかかわらず(康史さんは手の指5本、右足の指5本全部。妙子さんは両方全部の指)、また山に登り出していく、という終盤だ。

 

登山にまったく興味の無かった当時の私は思った。

そんな状態になっても懲りないのか。普通、もう、やめるだろうに。というか、やめた方がいいよ。

 

登山とはなんと業の深い、恐ろしい世界なのだろうか。

命を危険にさらすような場所に、自ら率先して、高いお金を掛けて行くのだ。

憑かれたように山を目指す登山家は自分の理解が及ばない、まったく違う世界に住んでいる。

私は絶対にこの世界には足を踏み入れないようにしよう。というより、踏み入れたくない。

 

 

その数年後、その恐怖心が薄れた頃に、ぬるっと山登りの世界に片脚を突っ込んでしまい、たまに山岳小説も読むようになった今、久しぶりに「凍」を読み返してみた。

やっぱり恐ろしい。

「すごいな。私もいつかやってみたいな」とは決して思わない。

壁登りは私には遠い世界だ。

谷川岳で上るルートは天神平からで、決して一の倉沢には行かない。

 

でも、たとえ凍傷で指を失ったとしても、「また山に登ろう」と思う気持ちは理解できるようになったかもしれない。

頂上に立った時の景色と達成感をもう味わえないと思うと、寂しくて仕方がないだろう、と私も思うのだ。

 作中で山野井夫妻は言っている。

「無理かな」「無理だよね」

でも、無理かもしれないけれど、もう一度山に行きたい。

登山中毒と言えるかもしれない、その欲望は、私も理解できるようになってしまった。

 

もしかすると、また数年経つと、恐ろしいから絶対にやらない、と思っているライミングに挑戦しているのかもしれない。

その時「凍」を再度読み返したら、また違う感想を持つのだろう。

そんな日は来ない、と今は思っているのだが…。

 

凍 (新潮文庫)

凍 (新潮文庫)

 

 

 

牡丹咲く~庭の花~

庭の牡丹が咲いた。

今年は当たり年なのか、とにかく大量につぼみをつけ、一気に咲いたので、花盛りである。

巨大な花がみっしりと枝先で重たそうに、ぼよんぼよんと揺れている。

牡丹そのものは1本しかないので、そこだけが何やら異世界のような彼岸の入口のような不思議な感じだ。

さすが百花の王。その存在感はずば抜けている。

f:id:suishian:20200426144323j:plain

牡丹はアップで撮りたくなる。

そのまま、庭をうろうろすると、あちこちで花が咲いている。春なのだ。

毎年同じ花が咲いているはずだが、「君の名は」と聞きたくなる花にも出会う。

よし!と気合いを入れて、以前買ったまま活用されていない「ヤマケイポケットガイド 野の花」のページをめくるが、探し方も良くわからない。

どういう順番に掲載されているのだ?

やたらにページをめくってみるが、何一つ得られるものはなく、本を閉じることとなった。君とはやってられんわ。

次いで、インターネット上の花図鑑も検索してみるが、それらしき写真に遭遇しても、イマイチ自信が持てない。

やっぱり、詳しい人に教えて貰うのが一番かもしれない。

確か、以前もそんなことを思って、登山中に咲いている花の名前をいろいろと教えてもらったが、下山後、何一つ覚えていなかった…。やる気が感じられないな、自分。

f:id:suishian:20200426151620j:plain

マツバウンランでいいのでしょうか?全く自信なし。

 名前が判明している花もある。

藤が重そうに花房を垂れている。

私は藤が好きだ。

藤が好きな理由を話すと長くなるが、簡単に言うと源氏物語」が好きだからだ。

小学生の頃、「マンガで読む偉人シリーズ 紫式部」が私の本棚にあり、何度読んだかわからないくらい、繰り返し読んだ。そんな娘の好みを察した父親が、「マンガで読む源氏物語」を追加で購入してくれたので、そちらもむさぼるように読み尽くしたのだ。

今から思うと、マンガに飢えていただけのような気もするが…。

当時は百人一首の読み札のお姫様を眺めて「式氏内親王几帳があってステキ」とか「小野小町の着物はピンクで可愛い」などと、うっとりしていた。女子らしく、綺麗なお姫様が単に好きだったのだ。(ちなみに持統天皇も几帳がある。皇族は几帳があるルール?)

このまま百人一首を本格的に始めていたら、若宮詩暢(byちはらふる)みたいになれていたのに…。惜しいことをした。

話が大分それてしまったが、源氏物語といえば「若紫」。紫=藤である。

どうでもいいことだが、私が隠居後に住む庵の名前は「睡紫庵」にすると決めている。最初は「垂紫庵」だったが、睡るの方がいいなあ、と思って、このブログを始めるときに変えたのだ。ちなみに「独活亭」もいいなあ、と思っている。

f:id:suishian:20200426155059j:plain

藤を地植えにすると大変なことになる、と聞いているのでまだ鉢植え。藤棚は憧れ。

もう一つ、私の好きな花と言えば椿である。

今年は咲くのが遅く「つぼみのまま枯れちゃうのか」と私をヤキモキさせたが、3月末からようやく咲き出した。椿って、2月のイメージがあったけど…。

ずぼらな私は何度も水やりを忘れ、水多めが好きな椿たんには辛い環境にあったかもしれない。ごめん。今後はしっかりと水を切らさないようにするので、来年も咲いてください!

f:id:suishian:20200426155736j:plain

一番好きな黒侘助。完璧。

その他、庭で見つけた春の花。

f:id:suishian:20200426160555j:plain

桜草。私はコケも好き。

f:id:suishian:20200426160648j:plain

オダマキ

f:id:suishian:20200426160817j:plain

満天星と書いて「ドウダン」。美しい漢字。

f:id:suishian:20200426160912j:plain

オマケ。シクラメンはもう終わりの季節

  

suishian.hatenadiary.jp

 前に書いた。椿のはなし。

 

suishian.hatenadiary.jp

 すごく前に書いた。牡丹のはなし。

「スカーレット」(ドラマ)~趣味の陶芸~

朝ドラを何年かぶりでほぼ全話見た。

「スカーレット」である。

毎回、のほほんとしたり、笑ったり、泣かされたり、時には怒りで震えたり。主人公の人生に寄り添った半年はとても楽しかった。

ラストシーンでは、いろいろあっても続いていく主人公の生活にじんわりと感動し、涙をにじませながら、ドラマ完結の充実感を味わった。これが朝ドラの醍醐味なのだろう。

このままの流れで、次の朝ドラも続けてみてしまうかもしれない。まんまとN●Kの戦略にのせられそうである。

 

さて、そもそも、ものすごく久しぶりに朝ドラを見ることにした理由は、「スカーレット」の主人公が陶芸家だったからだ。

実は、私はかれこれ10年くらい陶芸を趣味にしている。

自分が作りたいものを自分のペースでだらだらと作っているだけなので、ちっとも上達しない。しかも、講師はYou Tubeだ。私の陶芸仲間達は、親しみを込めて「You先生」と呼んでいる。(陶芸動画を時々参考にしている)

You先生はすごい。あっというまに、お皿とかが出来てしまう動画が沢山ある。

つられて強気になり「よぅし、ああいうお皿を作るぞ!簡単にできてたぞ!」と、ろくろの前に座ってはみるものの、現実は「あかん、全然できひん…」と自分の実力に切歯扼腕する日々だ。

ドラマの中で役者さん達は上手にろくろを回していたが、結構難しいのだ。(ちなみに、八郎さん(主人公の夫)が特に上手だった。陶芸仲間はみな、「八郎さん、ステキすぎる!」とメロメロになってしまった)

 

陶芸の手順を簡単に紹介すると、こんな感じだ。

①土を練る。

 良く練って、土の中の空気を出す。特に電動ろくろを使う場合は「菊練り」という方法が必須だ。←結構難しい。

 私はまず始めに、You先生に、この行程を学んだ。

 

②形を作る。

 自分の好きなように形を作る。

 「手びねり」は小学生の時、図工の授業でやった粘土細工と全く同じだ。どう作ってもいいので楽しい。

 ろくろを使うと、基本的には丸いものしか作れない。

f:id:suishian:20200405190832j:plain

電動ろくろ使用。サラダボウルみたいな器を作りたかった。

③削る。

 自分の好きな形になるまで、削る。

 たまに削りすぎて穴があいちゃったりする…。(こういう時、私は往生際が悪いので、粘土で埋める)

 それから、削る前に土が乾燥してしまい、ガリガリ音を響かせながら、力で削るときもある…。管理不足。

f:id:suishian:20200405191246j:plain

削った後。写真だとあまりわからないが、底をかなりシャープにした。

④素焼き

一度窯で焼く。だいたい800度くらい。

焼いてしまうと、もう土はもとには戻らない。

 

釉薬掛け

素焼きしたものに、上薬を掛ける。

プロはいろいろなものを独自にブレンドして、オリジナルの釉薬を作るが、素人の私は市販の釉薬をそのまま使用する。

ちなみに、ドラマでは八郎さんがこの釉薬作りの研究をしていた。釉薬の調合方法が書かれたノートが弟子に盗まれる(実際は、盗まれたノートは喜美子との結婚後の夢を書いた夫婦ノートであったが…)というエピソードもあったくらい、ここはプロにとっての勝負所だ。

私は釉薬掛けが苦手で、ここで失敗することが多い…。写真の器も…。

 

⑥本焼き

ラストの行程。窯で1200度で焼く。

私はもちろん電気釜を使っている。ドラマに出てきた穴窯では当然無い。プロでも薪で焚く窯を使う人はごくわずかだ。(ガス窯が多いと思う)

でも、焼き上がったものを窯から出すときに「チリチリチリ…」と貫入(釉薬に入るひび)が入る音は聞こえる。

いい音だ。ささやきのような澄んだ音だ。

ほんのり暖かい器たちを取り出す時は、わくわくしてとても楽しい。「どんな風に仕上がったかな」とどきどきするのだ。

が、自分の作品の出来を目の当たりにすると「…ダメだったか…」と肩を落とすことが大半なのだが…。

f:id:suishian:20200405192939j:plain

本焼き後。釉薬のムラが気に入らない…。もっと青く出るはずだったのだ。気持ちだけは。

とりあえずできあがり。

よく、ドラマなどでは陶芸家が出来上がったものをバンバン割る光景が描かれるが、私はその気持ちがよくわかる。

「こんな感じに出来上がるはずじゃなかったんだよ~」という落胆してしまう出来であることが多いからだ。

そして、作品が出来上がったはいいけれど、しまっておくのに場所をとるのだ。

気に入らない出来のものを、使うことはまずないし。

だったら割っちゃえ、という発想に至るのは当然の帰結だろう。

でも、やっぱり自分で作ったものなので捨てるに忍びなく、私は大きな段ボールを「駄作箱」と名付け、そこにしまい込んでいる。たまに茶碗が割れた時とかに、がさごそあさる。

ちなみに、本当に時々、自分でも驚くくらい良い感じに出来上がる事がある。(炎マジック?)

そういう時は、一軍選手として、私の食卓にスタメン登場することになるのだ。今使っているお茶碗とかは自作の一軍選手だ。(一軍レベルの薬味入れが出来たこともあるが、すでにスタメン(市販品)が不動の地位を築いていたので、代打程度にしか登場しない…)

 

ドラマの中には、登場人物たちが作った作品がたくさん登場した。

すぐに影響される私は「ああいう作品を作ろう!」と気持ちを鼓舞されまくりだ。今、創作意欲が最高潮に燃え上がっている。

一番真似したいのは、武志(主人公の息子)が作った水の波紋を描いた大皿だ。青がキレイ。指で緩やかな筋を付ける作風を真似したい。「学ぶは真似ぶ」だ。

八郎さんが最初に新人賞をとった赤い大皿もステキだが、あれは釉薬が難しそうで手が出ない。いつかは真似してみたい憧れの作品だ。

とりあえず、手近なところで、喜美子みたいにコーヒーカップの底にお花の絵でも描いてみようかと考えたりしている。

作る前に出来上がりを想像する時間が一番楽しいかもしれない。

現在、陶芸を行っている場所が使えず、胸に燃えたぎる創作意欲が行き場を失っている。これから作る作品をいろいろ考えて、創作ノートでも作ることにしよう。

f:id:suishian:20200405200511j:plain

素焼き前のコーヒーカップ

 

余談だが、③削りの行程で出た「削りかす」は水を加えると粘土として再生する。

私は「削り節」じゃなかった、「削りかす」を着古したヒー●テックに包んで、数分水に浸している。水を絞ってしばらくおくと、粘土として再生する。

1年に1度くらいこの作業を行うが、かなりの量が再生するので「このサイクルで再生し続ければ、粘土買わなくてもいいんじゃないかな」という不思議な気持ちになる。

f:id:suishian:20200405195443j:plain

ヒート●ックで簡単再生。

ちなみに「青の花 器の森」(小玉ユキ)という作品も、私の創作意欲をかきたてるマンガだ。

突然、勾玉作り

もともと影響を受けやすい性格である。

東博の特別展「出雲と大和」で勾玉の展示を見て、「そうだ、勾玉つくろう」と突然思い立った。

やっぱり、宝飾品には心引かれるものがあったのか、あの独特の形の謎に興味が湧いたのか、自分でもよくわからないが、勾玉を作ることに決めたのだ。

というのも、私の手元には勾玉の素材となる石があったからだ。

数年前、発掘関係の仕事をしている知人から「勾玉にするといいよ」と貰った黒い石があった。何の石なのかはよくわからないが「ちょっと硬いけど、磨くとキレイになると思う」と言われた記憶がある。

思い立ったが吉日。よし。作ってみよう。

幸い、石を切る金ノコや、やすりも発見した。道具は揃っている。

 

まず、勾玉の大きさに合わせて、石を切る作業を行う。

貰った石はそこそこの大きさだったので、作りたい勾玉の大きさ程度に切り出す必要があったのだ。

金ノコをギコギコと押したり引いたりしまくる。

徐々に溝が出来、刃は石を切断していく。

が、石は硬い。とにかく硬い。

1時間ギコギコして、1ミリ進むくらいの進捗状況だ。

これは…もしや、途方も無い時間をかけないと切断できないのではないだろうか。

まだ寒い時期であったが、この先の展開に不安を覚え、冷や汗がにじむ。いや、本当はのこぎりをひきまくったせいで、単純に暑くなっていただけかもしれない。

午前中からスタートした切断作業は、お昼ご飯を食べても、晩ご飯を食べても一向に終わる気配を見せない。

もうやめよう。誰に頼まれたわけでもないし。

という後ろ向きな考えが頭をよぎったりもしたが「ここまで来て、途中で投げ出すなんて出来るわけないやろ!」と、生来の頑固な負けず嫌いの性格の方が全面に出て、本当に1円の得にもならない作業を、ただひたすら続けた。

私は登山が趣味だが、雨が降ってきたりしても「せっかく来たから頂上まで行くぜ!」と無理をする、本来、登山に向いていない性格だ。勇気ある撤退が出来る性格が必要だとわかってはいるのだが…。

 

ギコギコ作業を続けて、およそ10時間(多分)

ようやく、石の切断に成功。

f:id:suishian:20200322233306j:plain

切断完了

えいどりあーーーん!やりとげたぜ!

思う念力岩をも通す!いや、正に、雨だれ石を穿つだ!

石を切り始めた時は、1時間もあれば終わると軽く考えていた。しかし、実際は、午前中から切り始めて、夜の9時過ぎまでかかった。その間、他のことはほぼ何一つやっていない。

金ノコを引き続けた右手親指は、じんじんと痺れている。(親指で押さえながらノコギリをひいていたらしい)

疲労困憊だ。

石を切断したことで、ものすごい達成感に浸っていたが、実はこの作業は勾玉作りのほんの一丁目なのだ。

まだまだ先は長いが、このぼろぼろの体はもう使い物にならない…。

さすがにこの日は、これ以上の作業は断念することにした。

古代の先人は、私が切った石より遙かに硬い翡翠や瑪瑙で勾玉をつくっていたのだ。

すごい根気だ。

玉造部(勾玉作りの職人集団)の先人達に、言いしれぬ尊敬の念を抱いて、布団に疲れた体を横たえた。

 

さて、勾玉の素材になる石を切り出したら、ここから先は、ひたすら自分の好みの形になるまで削り続ける作業になる。

当初、私が用意した道具は粗めの紙やすりであった。

ザリザリこすると、だんだんと角が取れて丸くなってくる。

だかしかし、数時間ザリザリしても、削り作業は遅遅として進まない。そりゃそうである。金ノコでの切断に1日かかったのだ。

f:id:suishian:20200322234225j:plain

ちょっと角がとれました。

一計を案じた私は、ここで新道具を投入した。

ダイヤモンドやすり(ダ●ソー商品)である。

角形と丸形の2本用意した。

ダイヤモンドはこの世で一番硬い鉱物だそうだ。

これで、削り作業がガツガツ進むこと、間違いない!頼むぞ、期待の新人!

 

果たして、ダイヤモンドやすりの能力は素晴らしかった。

紙やすりより遙かに早いスピードで石が削れていく。

丸形のやすりの活躍により、懸案の勾玉のくぼみ部分も形が取れてきた。

すごいよ、現代日本。こんな高性能の商品が110円(税込み)で購入できるのなんて。ダイヤモンド使っているのに、このお値段!

古代の玉造部の先人に対して、何か申し訳ない気持ちになる。

当時はどんな道具で削っていたのだろう。

タイムマシンで、ダイヤモンドやすりを届けたい気持ちだ。

f:id:suishian:20200322235731j:plain

約1週間後。形になってきた?(濡らした状態で写真撮った)

約1週間後。まあまあ、勾玉のもとになる形っぽくなってきた。

…1週間、暇さえあれば削り続けて、こんなものである。ダイヤモンドやすりで格段にスピードアップしたはずだが、先は長い。

しかし、この削り作業は全く苦にならない。時間を忘れて没頭できる。

一心不乱に、ざりざり削っているだけの作業だが、切断作業よりも楽しいのは何故だろうか。「ここをもうちょっと、つるんと丸くしたい」とかの、クリエイティブな(?)思考が入るからなのか。不思議である。

f:id:suishian:20200323001114j:plain

約2週間後。形はほぼ完成。

何かにとりつかれたかのように、石を削り続けること2週間。

ようやく形はほぼ完成した。

私は、比較的足(勾玉の先っぽ)が長い形が好みである。そして、先が尖った靴のように、シュッと細くなっている形が好きだ。

スマートで都会っぽいから。私は田舎者なので、都会にあこがれるのだ。

 

ここから、ダイヤモンドやすりを終了し、1000番台と2000番台の目の細かい紙やすりを使って表面を磨いていく。

ダイヤモンドやすりで削った状態では、がさがさで白くなっていて、若干不安を感じていたが、多分、紙やすりで磨くと、つやつやのぴかぴかお肌になるはずだ。

 だって、石をくれた知人が「キレイになる」って言っていたから。

f:id:suishian:20200323004130j:plain

完成。観葉植物の緑に映える、艶のある黒!

紙やすりって、凄い。
磨き続けて数時間後、表面はつやつやのぴかぴかになった。艶のある黒ってキレイ!

ありがとう、石をくれた方!数年越しに、石は勾玉になりました!

 最後に、穴を開けて完成だ。

穴開け…。結構、大変だったので、電動ドリルを使ってしまった。

電動ドリル使っても、数時間かかったけど…。

玉造部の方に対して、何となく後ろめたい。

 

勾玉作りに着手して、15日でようやく完成にこぎつけた。

長かった…。

この間、空いた時間は、ほぼこの作業に費やした。正に没頭していた。気持ちだけは、玉造部の工人だった。

大王様に私のつくった勾玉の首飾りをお納めしたい!

…いや、こんなに苦労して作った勾玉はずっと私の手元に置いておきたい!誰にも渡したりするもんか!

 

実は、ちょっと形に不満もあるのだが、(丸い部分の形がちょっと気に入らない…)苦労して作っただけに、思い入れもひとしお。

大事にしよう。

そして、次に作る勾玉はもうちょっと柔らかい石を使おう。

次に作る石を求めて、ア●ゾンで石を探す私なのであった。

f:id:suishian:20200323010507j:plain

ダイヤモンドやすり。功労賞。敢闘賞。ありがとう、ダ●ソー!