睡紫庵文庫

身辺雑記をまじえた読書雑記です。

尾瀬沼~チーズフォンデュで満喫しすぎ~

8月上旬に尾瀬沼に行ってきた。 G県民の私にとって、尾瀬の玄関口と言えば、鳩待峠。そこから、尾瀬ヶ原を一周するのが近年の定番コースだった。 しかし、今回は久しぶりに尾瀬沼方面にトライしてみた。何でも、今年はニッコウキスゲが7月の終盤が最盛期らし…

「さかなクンの一魚一会」さかなクン

私は以前から、さかなクンのことを尊敬している。 「魚が好き」というだけのことを、とことんまで突き詰め、その想いでご飯を食べていける地位にまで上り詰めた人物だ。なかなか、好きという想いだけでそこまでいける人はいない。 あの魚への愛情はホンモノ…

立山(2日目)~白き地獄の頂~

2日目である。今日は立山に登る。 雄山 大汝山 富士の折立を縦走し、大走りから下山する予定だ。残雪状況によっては、大走りではなく、ピストンの下山も視野に入れている。 みくりが池温泉にて、5:00起床。 前日、ここから日の出を見るのもいいね、などとノ…

立山+黒部ダム(1日目)~極楽のアルペンルート~

今年の梅雨前線はどうしたことか。 確かに毎年、7月頭までは日本では梅雨だ。梅雨なので、当たり前だが雨が降りやすい。 そのことを承知はしていたのだが、「梅雨といったって、毎日雨が降るわけじゃ無い」「7月に入れば明けている可能性もある」「それより…

「冒険図鑑」さとうち藍 松岡達英

少し前に地元の図書館に行った際、棚に懐かしい本を見つけた。 「冒険図鑑」である。 私が小学生だった●十年前、読んでいた本だ。確か、山好きの父親が買ってくれた。 児童書はベストセラーになると、長い期間ずっと売れ続けるらしい。小学生だった、私がお…

赤城山~すでに真夏~

5月下旬、私はまた赤城山(黒檜山)の登山口に立っていた。 12月にも登ったが、あの時は冬で、とても寒かった。今はとても暑い…。5月とは思えない暑さだ。下界は軽く30度を超えた真夏日である。 季節はあっという間にめぐるものだなあ、と感慨深い。 それにし…

「あした、山へ行こう!」鈴木みき

何事もスタートする時には初期投資が必要だ。 登山を始める時にも、登山道具を揃えるべし、と色々な入門書に書かれている。そして、その道具は登山道具専門店に行って、店員のアドバイスの元、揃えるとよい、と判で押したように、どの本も書いている。 登山…

矢木沢ダム 恒例の放流祭り2019

5月のゴールデンウイーク明け。今年もあの季節がやってきた。 年に一度の矢木沢ダムの点検放流である。 毎年、人気がウナギ登り。 このSNS時代、良い情報はあっという間に拡散されてしまう。「穴場」「隠れた人気」なんて言葉は、すぐに意味をなさなくなる。…

尾瀬ヶ原~雪中行進~

大型連休。私はついにあこがれの地に行ってきた。 尾瀬。 夏や秋には何度も行っているが、5月頭のこの時期は行ったことがなかった。 なぜならば、この時期の尾瀬はまだまだ深い雪に覆われているから。尾瀬の代名詞であるミズバショウすらまだ咲いていない。 …

「パンツの面目 ふんどしの沽券」米原万里

最近、たまに耳にするが、公共施設のトイレットペーパーを勝手に持って帰ってしまう人がいるらしい。 もしかしたら、家計がものすごく苦しいご家庭なのかもしれないが、なんともセコい話である。トイレットペーパーが無いなら、古新聞でも使えばいいのだ。(…

桜咲く

春が来た。 桜が咲くと、春が来た、と急にそわそわしてしまう。早く、花見に行かないと桜が散ってしまう。何が何でも、咲き誇る桜を見なければならない。だって、今年の桜は今年だけだから。 しず心なく 花の散るらん とうたった紀友則の気持ちがよくわかる…

気象神社で晴れ祈願

登山に行く日は晴れていて欲しい。 京都の大文字山に登った際の実感である。 雨登山もまた別の楽しみがあるとは思う。現に超絶雨女キキちゃんと、お互いを雨女とののしりつつ、楽しい登山ができた。下山後の湯豆腐、最高だったし。 でもやっぱり、晴れがいい…

宝登山〜春近し〜

冬の低山歩きの総決算として、長瀞の宝登山に行ってきた。 実は昨年、モ●ベルのイベントの抽選で、宝登山ロープウェイの無料券が当たったのだ。 有効期限は無いみたいだけど、早めに使った方がいいだろう。どうせなら、宝登山の代名詞である蠟梅が咲いている…

「とりぱん」とりのなん子

先日、道の駅の農産物直売所をうろついていて、「訳あり りんご」(8個くらいで350円)を発見して、私は驚喜した。 すぐさまレジに直行だ。 自分で食べるために購入した訳でない。庭に来る鳥にあげるのだ。 もうずっと以前から、我が家では冬場に時折、庭の木…

稲荷山(伏見稲荷大社)~妖しのインバウンド~

引き続き、京都の話である。 大文字山を登った翌日、帰路につく前に時間があったので、伏見稲荷大社に行ってみることにした。 実は、伏見稲荷大社は「京都一周トレイル」の出発地点。伏見稲荷大社の一ノ峰(山頂)への参拝コースはそのままトレイルコースにも…

大文字山~雨女リターンズ~

そうだ、京都行こう。 冬になったら、京都の大文字山に登ろうと、私は密かに計画していた。 冬に行ける雪の無い低山情報をコツコツ集めていたときに、ホシガラス山岳会「あたらしい登山案内」と四角友里「一歩ずつの山歩き入門」を読み、これや!と心のノー…

太田金山〜山頂で鍋〜

昨年の秋から、私には1つの夢があった。 荒船山に登った時に目にした風景。強烈に憧れた。 それは、山頂で鍋!である。もちろん寒いシーズンに! それも、シングルバーナーで野菜を煮込むだけ、といった簡単なものではない。 私が昨年荒船山の艫岩付近で見…

小盆栽講座

ついに、行ってみた。小盆栽講座に。 以前から盆栽には興味があったのだが、まだ手を出してはいけない領域だと自分に言い聞かせていた。せいぜい、盆栽だー!!(大宮市で売っている。サイダー)を飲んで悦に入る程度にとどめていたのだ。 しかし、たまたま行…

赤城山(黒檜山)~雪ふる前に~

新年あけましておめでとうございます。 今年も変わらず、気ままに続けて行きたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 新年明けてはいるのだが、昨年の12月初旬の赤城登山の話から2019年をスタートしたい。 赤城からスタートだと、なんだか縁起が…

「大草原の小さな家」シリーズ ローラ・インガルス・ワイルダー

年末だ。寒さも一気に増してきて、街はすっかりクリスマスムード一色だ。 クリスマスと言えば、サンタクロース。良い子の元にプレゼントを届けにやってくる。 私も子どもの頃はプレゼントが楽しみで、今年は何を貰おうか、一生懸命考えたものだった。「こえ…

榛名山 掃部ヶ岳~鍋焼きうどんであちち~

今年はちっとも冬が来ない気がする。確かに朝晩は寒さを感じるけれど、まだ秋の延長戦上にいるような気持ちで、日中はのほほんと過ごしている。山も全然白くない。 まだまだ行けるな、という気持ちで榛名山の最高峰、掃部ヶ岳に行ってきた。 榛名山はG県民に…

りんごと湯葉だらけ

私は秋になるとりんごハンターになる。 とにかく、りんごが好きなのだ。 毎年、G県イチオシのりんご「ぐんま名月」を求めて奔走するのだが、今年は大人の余裕をみせて、農家さんから直接送ってもらった。 ふふ。昨年、買いに行った農家さんに案内ハガキの送…

妙義山石門めぐり〜ファイト一発!〜

G県民にとって、紅葉の山と言えば、妙義山。 「もみじにはえる 妙義山」(by上毛カルタ) 今年は秋が長いので、11月下旬でもまだ結構楽しめるらしい。雪が降る前に行ける山に行っておきたい、という欲望をめらめら沸き立たせ、職場の山好きチーム総勢4名で行…

「火の鳥ーヤマト編ー」手塚治虫

先日、我がG県では「HANI-1グランプリ」という大会(?)が開催された。 一体何が頂点を目指して戦ったのか!? そう。大会タイトルを読めばすぐにわかる。 ハニワである! G県で出土した埴輪の中のナンバーワンを決める戦いだ。そして、1位を獲得すると、そ…

安達太良山〜風が強く吹いている〜

早いもので、山はもう紅葉シーズンも終盤。 今年は安達太良山を登った。 朝、4時半G県東部発。 真っ暗だ…。深夜感がハンパない…。 日が昇るのが遅くなったなぁ、と初っ端から季節の移ろいを感じる。もうすぐ、山に登れない冬が来る実感がわいてきて、少し寂…

錦秋の尾瀬〜スタンダードコース?〜

今年、二度目の尾瀬は草紅葉光る秋景色。 職場の山好きメンバーでわいわい行ってきた。 なんと、今回は7人!「G県に住んでるけど、尾瀬に行ったことがないなあ…」というバラっち(新規参加)を言葉巧みに誘いこんで、規模拡大。…やり手婆だな…。 (ちなみに…

「おさんぽきのこ」石塚倉譆

今年の人間ドッグのお供本に選んだ本は「おさんぽきのこ」である。 区切りがつけやすくて、写真とかが多い本、という人間ドッグお供本の条件にぴったり。 私はきのこが好きで、山に行って、きのこを見つけると「らぶりー!」とわーわー騒ぐけれど、実は知識…

四阿山~ゴンドラでぬかルンルン♪~

G県と長野県の県境の山、四阿山に行ってきました。日本百名山。 今まで、長野県の菅平側からしか登れないと思っていたけれど、なんとG県嬬恋村側から夏場だけゴンドラがある、との情報をキャッチ。ゴンドラ利用だと2時間弱で四阿山まで行けるという楽々コー…

赤城山でキャンプ

友人であるジェイ氏から、突然「キャンプをしよう」というお誘いを受けて、赤城山湖畔でキャンプをしてみた。 何でも、ジェイ氏は、話題のアニメ(?)「ゆるキャン」を何気なく見てしまい「キャンプしたい!」と思ったのだそうだ。そして、ア●ゾンでぽちぽ…

「司馬遼太郎が考えたこと」司馬遼太郎

意識した訳ではないけれど、今年の夏、二大東照宮に立て続けに行ってしまった。本当にたまたま。 日光東照宮と久能山東照宮。 祀る神は東照大権現。言わずと知れた徳川家康である。将軍様! 徳川家康は自分の亡骸をまず、久能山に葬った後、日光に小堂を造営…