睡紫庵文庫

身辺雑記をまじえた読書雑記です。

少女マンガ

「玄椿」河惣益巳/「林檎でダイエット」佐々木倫子

暖かい日がだんだんと増えて、春の近さを感じるこの頃、私は椿に夢中である。 今、黒侘助が咲いてるの〜 ラブ‼︎ 赤と山吹色と緑の配色がパーフェクト‼︎ そもそも私が椿に興味を持ったのはかなり昔。 佐々木倫子「林檎でダイエット」に収録されている「椿館」…

犬の本いろいろ

今年は戌年!慶賀新春! もう一月も末で、完全にタイミングを逃した感があるが、犬が出てくる本ってどんなのがあるかな~とふと思い立った訳であります。 …とは言っても、私は完全な猫派で、猫の本ならいろいろ浮かんでくるが、犬だとイマイチ…。(いや、犬…

「ファミリー!」渡辺多恵子

HAPPY HALLOWEEN! 一応、最初に書いておきますが、今回、久しぶりに全く山に関係ないです。初心に返って(?)読書雑記です。 10月31日中にアップできるのかはなはだ心許ないが、今日はハロウィン。 11月からは冬になるので、魔物を払う、というケルト人の風…

「もう一人のマリオネット」さいとうちほ

先日、衝動的にスミレを買いました。 よく公園とかに植えられているパンジーとかビオラではなく、山野草のスミレで、素朴な小さい花を咲かせていたので、いてもたってもいられなくなって…。 ポット苗ではなく、鉢(プラだけど)入りなので、しばらく花を楽し…

「ちはやふる」末次由紀

講談社BLKC 429円 先日、ゴミ捨て場でスバラシイ掘り出し物に出会った。 その日、私は大量に捨てられたフロッピーを回収していた。(フォーマットしてまた使うためだ。エコ) なんと、その中に「百人一首の遊び方」と題されたフロッピーを発見したのだ! 中…

「サディスティック・19」立花晶

いや~本のタイトルって大事だな~と、最近とみに思う。 今読んでいるのは中公新書「毒と薬の世界史」なのだが、これはタイトル買いしちゃった本。 世界史の中の毒殺事件とか錬金術とかの本だと思って。ボルジア家のチューザレとか…。 なんか、そういう後ろ…

「かわたれの街」勝田文

白泉社ジェッツコミックス 580円 惨敗しました。年末ジャンボ。 いや、当たりました、300円……。むなしい。 そうよね~。当たらないよね~。 どういう訳だか、年末には、もう当たったような気持ちでいたもんで、「どうして?どうして当たっていないの?」とえ…

「ブロンズの天使」さいとうちほ

小学館フラワーコミックス 全7巻 各巻407円 おお!あれはロシア式サウナ! や●やの千年ケフィアのCMである。 湯気の立ちこめる中、葉っぱを束ねたモノで、ぱしぱし全身をたたいているあれだ! CMを見て思い出した。あれは、さいとうちほ「ブロンズの天…

「十二秘色のパレット」草川為

白泉社 花とゆめコミックス1~5巻(連載中) 各409円 なんと、フラミンゴの羽色のピンクはエサがピンク色だからなんだそうだ! フラミンゴのエサはピンク色の藻である。この藻の色素が羽色に移って、あのピンク色のフラミンゴになるらしい。 ちなみに動物…

「銀曜日のおとぎばなし」萩岩睦美

私と友人のシロさんにはお気に入りの庭がある。 といっても、そこは近所のホームセンター付属の施設であって、かつての華族のお屋敷、とかではない。 でも、四季折々の花が咲いてきれいなの~。園内のレストランでは3段トレーのアフタヌーンティもいただけ…

「空中飲茶飯店」かまたきみこ

朝日ソノラマ 上下巻 各巻756円 本を読んで、その世界に無性にひたりたくなることがしょっちゅうだ。 敬愛する三浦しをんさんのブログで、面白い!と紹介されていたので、早速購入したこの本は、中国茶を題材としたファンタジー。 中には中国茶のうんちくが…

「キス」マツモトトモ

全9巻各410円 文庫版は全4巻。各680円 先日、ゴスペルサークルのライブ(?)に行ってきた。友人が参加サークルの一つに入っているからだ。 所詮、田舎の発表会レベルなのだが、みんな楽しそうに歌っていて良かった。やっぱり歌は身一つで、明日からでも出…

「はじめちゃんが一番!」渡辺多恵子

マンガ文庫全8巻+番外編 590円前後。フラワーコミックスは全15巻370円ですが絶版。 台風20号の激しい雨風の中、私は献血に行っていた。物好き。 いつもは混雑している献血ルームがガラッガラ。さすがに、悪天候を押してまで献血に行く篤志家はそんなにい…

「トーマの心臓」萩尾望都

いろいろ出てます。最近出たA5版は1470円 文庫版は710円 ついにここまで来たか……!! チラシを握りしめる私の手がふるふると震えた。 確かに現状の流れからすると、こういう発想が出てくるのはあり得ないことではない。が、私はまったくこんな事態を予想して…

「ジョージィ!」いがらしゆみこ 井沢満

現在はフェアベル文庫500円くらいが入手可能のようですが、漫画家と原作者が揉めた関係で、文庫版等は出ていないようです。私はフラワーコミックス版を所有しています。 女の子の楽しみ。友達とああでもないこうでもないと喋りながら、デパートでお洋服を見…

「あのこにもらった音楽」勝田文

先日までの私のピアノ課題曲はブラームスのワルツ(変イ長調)だった。(今はチャイコフスキー) 曲は基本的には自分で選ぶ。 この曲を選択した理由は「あの子にもらった音楽」の中で、蔵之介が主人公梅子にいつも弾いていた曲が、ブラームスの子守歌だった…

「ガラスの仮面」美内すずえ(2回目)

寒い……。 この前まで、暖冬とは言っても寒いね~と言っていた冬が去り、窓の外は花の散った桜が青々と茂っている。春がやってきた。 季節って、ちゃんとめぐるんだな~と実感できて、ちょっと感動したりもした。 が、しかし、ちょっと勘違いしていたような気…

「動物のお医者さん」佐々木倫子

昨日、訳のわかんない夢を見た。 夢の中で、友達たちと、ものすごくカッコイイ人にキャーキャー言っている。 とにかくめっちゃ格好良く、素敵な人なのだ。誰もが見た瞬間恋に落ちそうな、まあオスカルみたいな人だ。「オスカル様~」(ランビエール夫人) で…

「ガラスの仮面」美内すずえ

ついに買ってしまった、紫のバラを!ミニバラだけど。 先日、ふら~っと立ち寄った園芸館で、ミニバラを見ていたところ、「アンドレア」なるミニバラを発見。 それが紫のバラだったのだ!しかも、最後の一鉢! こ……これは買わなければならない!とはっしと掴…

「パピヨン」清水玲子

私はとにかくヒルが嫌いだ。 いや、好きな人はあんまりいないと思うけど、カエル・バッタなどの昆虫小動物系は割と好きな私が、どうもヒルは駄目なのだ。 (昔、発掘していた頃、仕事もせずにカエルばかり追いかけていたので、おじさんたちが「ほらカエルい…

「×-ペケ-」新井理恵 その2

引き続き「×-ペケ-」である。 ああ、ネタの宝庫、ペケ……! ペケのネタで忘れられないモノがもう一つある。 私のまわりの友人たちの間では、最高傑作として名高い名言。 「何はなくても便座カバー」 これである! 内容としては、確か、引越したばかりのうら…

「×-ペケ-」新井理恵 その1

ある意味、伝説的な四コママンガだと思う。 連載当時、私は学生だったが、友達はみんな読んでおり、何かある毎にそのネタを出して盛り上がっていた。 球技大会の卓球で「先生、僕もう駄目です……!」「アンデルセン!もういい!おまえはよくやったぁぁ!」と…

「のだめカンタービレ」二ノ宮知子

祝!ドラマ化! ということで、今、最もホットなマンガを取り上げてみた。 もちろん、私もご多分に漏れずハマッている。 マングース人形やマングースシャーペン付きの限定版コミックを買ってしまうくらいだ。しかも、発売日前から、インターネットで予約して…

「ここはグリーンウッド」那州雪絵

先日、岡山方面へ行ってきた。 私の職場はお盆休みというものがないかわりに、7~9月の間に5日好きな時に休める、というシステムになっている。 ……一見良いように見えるかもしれないけど、連休がほとんど取れないので私は嫌だ。 しかも、みんなが長期休み…

「OZ」樹なつみ

吾輩は新車である。名前は「貞吉」という。 と、いきなり漱石になってみた。 車を買ってしまったのだ 買ったと言っても、もう半年くらい経ってしまったので、あまり新車じゃないかもしれないけれど、気持ちとしてはまだまだ新車だ。ピカピカ。 そもそも、半…

「銀のロマンティック…わはは」川原泉

最近、フィギュアスケートが熱い。 昔から冬の花形競技ではあったけれど、荒川静香のイナバウワー金メダルで、大人気になった。秋篠宮のところの娘さんも習っているそうだし。 ちなみに私はオリンピックに出られなかったけれど、中野選手を応援していた。 私…