睡紫庵文庫

身辺雑記をまじえた読書雑記です。

戯曲・詩

「かなしみ」(「二十億光年の孤独」)谷川俊太郎

集英社文庫 520円など 先日、愛車(貞吉)に給油しようとしてガソリンスタンドに寄った時の事である。 「レギュラー満タンでお願いします」 と私がお願いした直後、スタンドのお兄さんが血相を変えてやってきた。 「お客さん、前回はガソリンをどこでいれま…

「巴里の憂鬱」シャルル・ボードレール

先日、職場で思いがけない落とし物(?)が発見された。 私の職場はとある公園内に設置されており、地元の人たちの散歩コースとして親しまれている。 その公園内に、一応、フランスのノルマンディー地方(ブルゴーニュ地方であるとの説もあり)のこじゃれた…

「マクベス」シェイクスピア

先日、劇団☆新感線の舞台「メタルマクベス」を見た。 ヘヴィメタ音楽に乗せ、新感線ワールドで展開する「マクベス」。 スピード感があって、はじけていて、大変面白かった。 松たか子はやっぱりすごかったし、内野聖陽も上手かったし。 ※劇団☆新感線を知らな…