睡紫庵文庫

身辺雑記をまじえた読書雑記です。

小説

「鏡地獄」江戸川乱歩

引き続き、岡山旅行の話である。 今回、ホテルを日航ホテルにした。 アメニティはフェラガモ! しかし、フェラガモがこういうシャンプーとか石けんとか作っているモノなのかしら……?名前貸してるだけかもしれないけど。それでも嬉しい。 シャワー室完備。し…

「毒笑小説」東野圭吾

「タ●スにゴンゴン タ●スにゴン 匂わないのが 新しい」 最近変わってしまったが、「タ●スにゴン」のCMを沢●靖子がずーっとやっていた。 美人女優が突然の豹変!ためらいのないはじけっぷり!ひな人形からマリリンモンローまで! 「どうした!?何があったん…

「らせん」鈴木光司

「ヤ○ルト菌はおなかの中で一日しか生きていられないらしい」 という衝撃の事実を先日聞いた。 だから「毎日一本ヤ○ルト」飲まなければならないらしい。そうしないと、せっかく飲んだおなかに良いヤ○ルト菌が死滅してしまうからだ。 ……本当か!?本当なのか…

「こころ」 夏目漱石

「教科書で読まなければ面白いかもしれない作品も、教科書で読むとつまらない」と、評判の悪い、国語の教科書だが、学生の頃、私は好きだった。 数学とか理科の「学ぶこと」が書かれているのとは違って、「読み物」がたくさん載っているから。良いとこ取りだ…

「模倣犯」 宮部みゆき

かつて、私の中でSM○P(社会情勢を鑑みて伏せ字)が出る映画は面白くない、という固定観念があった。 K村さんの「2046」(ちょい役だけど)、Kサナギさんの「ホテルヴィーナス」の2作品は私にはかなり厳しかった。(その後、I垣さん&K取さんの三谷作品…

「葬送」 平野啓一郎

実は2年ほど前からピアノを習っている。 私が小学生の頃は、女の子の習い事ナンバーワンは、なんといってもピアノだった。 ご多分に漏れず、私も習っていたのだが(なんと3歳から……)数度の引っ越しのおかげで辞めてしまった。 それから幾星霜……。あの時か…